過払い金返還請求を行う3つのデメリットとは

1.ブラックリストに載る可能性がある

原則として、個人信用情報(ブラックリスト)に載るようなことはありません。
また、破産や個人再生の場合と違い、過払い金返還請求やそれに伴う訴訟をしたことで自分の名前が官報に載るようなことはありません。

しかし、借金が残っている状態で過払い金返還請求をする場合には、信用情報に問題が生じる可能性があります。

なぜなら、借金が残っている状態で過払い金返還請求をする場合、過払い金の額を確定するために、貸金業者に対する返済を中断することから、返済を延滞しているという扱いになるためです。

なお、借金が残っている状態で過払い金返還請求をする場合でも、利息制限法所定の制限利率で引き直し計算をした結果、残債務がないこと、ないしは過払いの状態にある事が判明した場合には、返済を延滞している状態ではなかったことになりますので、借金を完済している状態で過払い金返還請求をする場合と同様に、信用情報に問題が生じることは基本的にありません


しかし、まれに注意が必要なケースがあります。
 

2.クレジットカード等が使えなくなる可能性がある

例えば、クレジットカードなどを扱う信販会社に対して、債務を完済し、過払い金返還請求する場合、その会社に過払い金返還請求をすることによって、その会社のクレジットカードやETCカードなどが使えなくなるといった影響が出る恐れがまれにあります。
 

3.クレジットカードのショッピング枠の利用をやめる必要がある

キャッシングによる過払い金の額がショッピングの利用残額よりも大きい場合には、過払い金の額とショッピング枠の利用残額を相殺しても過払い金が残るので、過払い金の返還請求をすることが可能です。

クレジットカードのキャッシングを、利息制限法所定の制限利率を超える約定利率で行っており、債務を完済していた場合には、利息を払いすぎていたことになるので、過払い金が発生することになります。

もっとも、クレジットカードのショッピング枠の残債務がある場合、クレジットカード会社が負担する過払い金返還債務と相殺されることになります。
それゆえ、過払い金の額がショッピング枠の利用残額よりも少ない場合には、過払い金の返還を求めることはできません。

なお、携帯電話の利用などにより、ショッピング枠の利用を続けている場合、クレジットカード会社に対するショッピング枠の利用残額が変動することになり、過払い金の額との差額を正確に計算することができません。
ですので、過払い金の返還を請求する場合には、ショッピング枠の利用をやめる必要がある点に注意が必要です。

この点、携帯電話の料金などを、クレジットカードで引き落としている場合には、ショッピング枠の利用をやめると携帯電話が利用できなくなるなど、生活に支障が出てしまう可能性があります。
このような場合には、過払い金の返還請求手続きを始める前に、自動引き落としをしている取引先に連絡をして支払いに利用するクレジットカードを変更する、あるいは、口座振り替えや振込用紙による支払などに変更する等の方法をとることが考えられます。

より詳しいことにつきましては、過払い金の実務に精通した弁護士にご相談ください。