消滅時効に注意!

3I4A3811s.jpg  

 「借金を返済し終わっているのですが、過払い金はいつまで請求できますか?」というご質問を頂くことがあります。
 
 過払い金債権は、10年で消滅時効にかかります。ですから、過払い金は、原則として最終の支払日から10年以内に請求する必要があります。

 従って、10年前より後に完済した取引については、過払い金を取り戻すことが出来ます。

 また、完済後10年以上経過している場合でも、可能性が全くないわけではありません。
 過払い金を受領したことや返還しなかったことが不法行為となる場合には、完済後10年以上経過している場合でも、時効にかかっていないといえる場合があり得ます。
 

 時効になっているかどうかは法律上の争いが色々ある部分ですので、早めに債務整理を多く取り扱っている弁護士へ依頼することをお勧めします。