過払い金請求は自分でできる?メリット・デメリットは?

1.メリット

過払い金請求を自分で行うメリットは、やはり弁護士費用がかからない点です。
弁護士に依頼すれば、過払い金を回収できる可能性は大幅に高まりますが、相応の弁護士費用がかかるため、これがかからないことはメリットといえるでしょう。

しかし、ご本人で請求する場合には以下のデメリットがあります。

 

2.デメリット

(1)手続の煩雑さ

過払い金返還請求手続をするには、まず過去の取引履歴を業者から取り寄せて契約時期や契約期間、契約内容などを調べることが必要になります。
 

(2)家族に秘密にできない

過払い金返還請求手続をご自身で行った場合、相手方の貸金業者等から届く取引履歴などの書類や、仮に裁判になれば裁判所から届く書類など、手続きに必要になってくる書類は通常自宅に届きますので、同居の家族に内緒にしておくことができない可能性が高いです。
 

(3)示談交渉が困難

取引履歴をもとにして過払い金の正確な金額を計算する必要があります。
その上で、過払い金を返還するように、貸金業者と交渉を重ねます。

本人が交渉で納得できる金額を受け取ることは困難であることが多いです。

その理由としては、近年、ほぼ全ての貸金業者等が、交渉段階では、発生している過払い金全額の返還はしない対応をとっています。
例えば、過払い金の元本の数割しか返還しないという対応が多く、なかには数%程度しか返還しないという対応をされることもあります。

実際には、一定の額の過払い金が発生する事が分かっているのにその一部しか返還されないというのはおかしいように思えますが、交渉においては法的な強制力を行使できませんので、相手が同意しない限りそれ以上の額を取り戻すことはできません。

 

(4)裁判の準備活動

したがって、実際に発生している過払い金を全て取り戻すには、裁判をして返還を求める事になります。

裁判をする場合には、訴状や準備書面といった裁判所に提出する書類を作成する必要がありますし、期日には裁判所に出頭する必要があります。

過払い金が発生している業者が複数ある場合は、全ての業者に対してこれだけの作業を行うことになります。
 
より詳しいことにつきましては、過払い金に精通した弁護士にご相談ください。