債務整理、自己破産、任意整理、過払い、借金問題の高崎・前橋でのご相談は山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ。

群馬 高崎・前橋 過払い金.com

山本総合法律事務所

  • HOME
  • 無料相談
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

  • TOP
  • 過払い金Q&A
  • 完済して再借入までに空白期間があると過払い金が減ってしまうのですか?

完済して再借入までに空白期間があると過払い金が減ってしまうのですか?

 

  A 完済して再借入までに空白期間があると過払い金は減ってしまう可能性が高いです。

 

  過払い金訴訟で相手方の業者は、完済して再借入までに空白期間があることをとらえて、取引の分断を主張してくることがあります。

  「取引の分断」とは、取引がその空白期間の部分を境に前半部分と後半部分に分かれており、それらは別々の取引であるという考え方です。

  この取引の分断が裁判で認められてしまうと、結果として過払い金が減ってしまうことになります。

  

  では、なぜ取引の分断が認められると、過払い金が減ってしまうのでしょうか。

 

ある貸金業者から金銭を借入れ,それを完済し,取引が終了した後,再び同じ業者から借入れをして取引を再開するという場合、最初の取引と次の取引が1個の取引であるとすれば,当然,両方の取引を連続したものとして引き直し計算(利息制限法によって定められた利率を基に、改めて利息額を計算すること)をすることになるでしょう。

 

連続した取引として計算すると,取引中断前に発生した過払い金(およびその利息)を取引中断後の借入金に充当して計算することができます。

そうすると,中断後の取引においても早い時期に借入れが計算上完済となって過払いとなる結果,取引が分断されたものとして各取引を個別に引き直し計算をする場合よりも,過払い金の金額が増えることがほとんどとなるのです。

 

他方で、取引の分断が認められてしまうと、上記の取引中断前に発生した過払い金(およびその利息)を取引中断後の借入金に充当して計算することができない結果、過払い金が減ってしまうことになるのです。

 

  取引期間に空白期間があっても、それぞれの取引を別々に計算しなくてはいけないとは限らず、空白期間がどのくらいあったかが判断の決め手となります。

 

最近の過払い金返還訴訟においては、取引の分断が争われることが多くなっています

 

貸金業者の主張に従って、大幅に減らされた過払い金を受け取るのが納得できなければ、一度、過払い金に精通した弁護士に相談することをおすすめします。